CW Freakはじめました
2022.04.13
CW Freakはじめました

Morse Runnerで42WPMで送信すると、だいたい30WPMくらいのスピードで呼んでくるのですが、送信スピードはまばらで25WPMもあれば40WPMを越えるスピードで打ってくる場合もあります。さすがに40WPM以上のスピードでコールされると短点の数を間違えてしまいますね。
また、"?"を送信することで、何回か呼んでもらうことが出来る為、当初の目的である「30WPM以上のスピードで呼んでくる局のコールサインを一発コピー出来るようになること」が、はたしてどれくらいスキルアップしたのかよく分からないので、コールが一回ぽっきりのCW Freakを導入して試してみました。

今、どれくらいのスピードだったら安定して一発コピー出来るのだろう?と、試したところ27WPMでした。目標の30WPMまであと少しなので、毎日欠かさず練習しようと思っています。(はっきり言って、あまり楽しくないのが実態なのですが…)

今日も、CONDXを把握するためにRBNを眺めながら各BANDでCQを出しましたが、さすがに27WPMというスピードは速すぎると思い、22WPMで送信していました。
今年になって、恐る恐る18WPMでCQを出し始めましたが、今は22WPMのスピードが平気になりました。まさに日進月歩です、目指すは30WPM以上です。
日々CQを出すこと、コンテストへの参加、そしてMorse RunnerとCW Freakを活用して目標を達成したいと思っています。
2022.04.13 22:02 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
エレメント長15.56mの逆Lアンテナ(Aki-Specialアンテナ)の実態
2022.04.12
G5RVというアンテナは14MHzで最も良く飛ぶということで、我が家の接地アンテナのエレメントの長さをG5RVと同じエレメント長の15.56m(垂直部11m、水平部4.56m)にしたわけですが、蓋を開けると14MHzと10MHzが最も飛ばないBANDになっていますね。
よくよく考えると、G5RVは垂直部分の梯子フィーダーからも電波の輻射があり、そのため地上高が低くても打ち上げ角が低いと言われています。14MHzにおけるG5RVのビームパターンを垂直にして見ると飛ばない原因がわかったような気がします…。(このあたり、詳しい方がいらっしゃれば是非コメントを下さい m(__)m)
一方、抜群に飛んでいる21MHzは、ほぼ1λのサイズになり、非常に鋭いビームパターンになっていると思います。(垂直にすると打ち上げ角が低い)
18MHzはそこそこ飛んでいると思います。(WARCバンドはスキマー局が少ないことを考慮しています)

今日は(今日の夜は)CONDXが悪かったと思います。CONDXが悪い日でも21MHzと7MHzではsnrが悪くても電波が遠方に届いているのです。
一方、一番飛んでほしい(一番飛ぶはずの)14MHzと10MHzは、夜の部分から抜け出せずに昼の地域に電波が届いていないですね。

この週末は、エレメント長を10mにするつもりです。各BANDの飛びが如何変わるのか楽しみですね…。

・21MHzと7MHz
エレメント長15.56mの逆Lアンテナ(Aki-Specialアンテナ)の実態

・14MHzと10MHz
エレメント長15.56mの逆Lアンテナ(Aki-Specialアンテナ)の実態

・18MHz
エレメント長15.56mの逆Lアンテナ(Aki-Specialアンテナ)の実態
2022.04.12 22:03 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
QSL@JR4PUR #871 - Katana
2022.04.11
QSL@JR4PUR #871 - Katana
2022.04.11 21:27 | URL | QSL | Track Back (0) | Comments (0)
Japan International DX Contest, CW(JIDX CW)に参加しました
2022.04.10
今回はプチ参加ではなく、21MHzのシングルバンドでJapan International DX Contest, CWに本格的に参加しました。交信局数は146 QSOでした。
コンテストに参加する意義は、運用スキルの向上、CONDXの把握、DXCCを増やす…事だと思っていますが、我ながら全てを満たしたと思います。

21WPMでのろのろとCQ TESTを出していても、Sメーターを振らないRST 319~419(おまけにQSBつき)の局が容赦なくハイスピードでコールしてくるので相当鍛えられましたよ。(しかも酒を飲みながらの運用ですw)
また、夜、一旦バンドがクローズしたと思いきや、2100JST過ぎから20分くらい突然ヨーロッパに強力な電波を送り込める時間帯があることを発見しました。
そして、バンドニューが幾つか増えたと思いますので、いよいよ15mもDXCCが100を越える一歩手前になりました。

今日は、あまりにもCONDXが悪かったので、コンテストが閉店する2200JST前にログをまとめていました。そして、2201JSTにはログをアップロードしました。(恐らく、このコンテストで世界で一番早くログを提出したのではないですか?w)

Japan International DX Contest, CW(JIDX CW Contest)に参加しました

Japan International DX Contest, CW(JIDX CW Contest)に参加しました
2022.04.10 22:37 | URL | Contest | Track Back (0) | Comments (0)
4/6~4/8のDX - HS0GWL, HA4FF, 3B9FR, OM3CW, DL1NKS & TM40AMRA
2022.04.09
どうも一番飛んでほしい14MHzと10MHzの飛びがイマイチですね。夜、CQを出すも、なかなか昼の地域に電波が抜けていきません。打ち上げ角が高いのだと思われます。(たぶん)
今の15.56mというエレメント長では21MHzと7MHzの飛びが抜群です。(24~28MHzはよくわかりません)今日のJIDX CW Contestは飛びの良い21MHzで参加しようと思っていますので、コンテストが終わってからエレメントの長さを10mにしようと思っています。

10mというエレメント長は、7MHzで1/4λ、14MHzで1/2λ、28MHzで1λ、そして何気に18MHzで5/8λなのです。(21MHzの飛びが極端に悪くならないことを祈ります…)春から秋にかけてはこの長さで運用して、冬には10m付け足して全長20mの逆Lアンテナにして3.5MHzに本格的に参戦しようかなと考えています…。

---------------------------
HS0GWL 15m CW (CQ)
HA4FF 15m CW
3B9FR 15m CW
OM3CW 15m CW
DL1NKS 15m CW (CQ)
TM40AMRA 15m CW

SFI=109 SSN=55 A=9 K=4

4/6~4/8のDX - HS0GWL, HA4FF, 3B9FR, OM3CW, DL1NKS & TM40AMRA
2022.04.09 15:18 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
QSL@JR4PUR #870 - Sumitsubo (Chalk line)
2022.04.07
QSL@JR4PUR #870 - Sumitsubo (Chalk line)
2022.04.07 22:25 | URL | QSL | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -