PJ4/KU8E - Bonaire(ボネール島)をLoTWでCFM
2023.12.06
先月の29日のことですが、コンテストの残党(?)が出ていないかなと思いRBNを眺めていると 7MHzをワッチしているとATNOのPJ4/KU8E - Bonaire(ボネール島)がQRVしているのを発見しました。信号は弱いながらも何とかコールバックがわかりそうでしたので呼んでみると何と交信出来てしまいました。
空耳QSOくさかったので黙っていましたが、今日、LoTWを確認するとCFM出来ていましたので自慢しますよ 公にします。

これで、カリブ海の果てにある(もう南米のベネズエラですね)いわゆるABC諸島と呼ばれるアルバ、キュラソー、ボネール三つ全てCFMしました。また、CW DXCCは212になりました。

PJ4/KU8E - Bonaire(ボネール島)をLoTWでCFM
2023.12.06 20:46 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
P44W - Aruba(アルバ)をLoTWでCFM
2023.12.03
先日、コンテストで交信しましたカリブ海のP44W - Aruba(アルバ)とのQSOが無事に合格していてLoTWでCFMしました。これでCW DXCCのCFM数が211になりました。
P4は初交信ではないのですが、2009年と2010年に18MHzで交信したP40MHとP43JBが未CFM状態でした。今回、約10年振りに交信してCFM出来た訳です…。
1エリアに住んでいたアパマン時代の頃に交信するチャンスはいくらでもあったと思いますが、既にWKD済なのでノーマークだったと思います。要するにCFMチェックを全くやっていなかったせいです。

余談ですがLoTWを利用するようになってから、こんなズボラな私でもログだけアップロードしておけば勝手にCFM出来るのは良いですね。今年は「SASE」なるものを送ってみようかと今年の初めに書いた記憶がありますが、未だに一回も出していません。まぁ、遊びなので気が向いた時にいつかどこかで出すのではないでしょうか?。(10年後だったりして…)

P44W - Aruba(アルバ)をLoTWでCFM
2023.12.03 11:20 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
5V7RU - Togolese Republic(トーゴ共和国)とTY0RU - Republic of Benin(ベナン共和国)をLoTWでCFM
2023.09.17
今朝の0730JST過ぎに、朝食後のいつものルーティンでLoTWをチェックすると、去年の秋に14MHzのロングパス(クラスター情報)でQSOした5V7RU - Togolese Republic(トーゴ共和国)がCFM出来ていました。
早速、LoTWの画像をブログ用に加工してから、DXCC Award Accountを確認するとCW DXCCのCFM数が210になっていました。「あれ?何か一つ多くないか?」と思い、もう一度、Most Recent QSOsを確認すると、同じく昨年秋のベストCONDX時に交信したTY0RU - Republic of Benin(ベナン共和国)もデータがUPされていました。

去年、これらのペディションを行ったロシアのチームの誰かが丁度、LoTWにデータをアップロードする時間帯に偶然出くわした訳ですね…面白いです。
また、この二つのATNOは交信から半年経ってもLoTWに反映されなかったので、果たしてこのまま放置して(金を払わずに)CFMできるのか若干気になっていましたが、無事に回収出来て安堵しています。

5V7RU - Togolese Republic(トーゴ共和国)とTY0RU - Republic of Benin(ベナン共和国)をLoTWでCFM

5V7RU - Togolese Republic(トーゴ共和国)とTY0RU - Republic of Benin(ベナン共和国)をLoTWでCFM
2023.09.17 11:05 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
T77C - San Marino(サンマリノ共和国)をLoTWでCFM
2023.07.03
久しぶりにLoTWをチェックしたら、T77C - San Marino(サンマリノ共和国)がCFM出来ていました。これで、CW DXCCのCFM数が208になりました。

このエンティティーのCFMが遅れた理由は、東京都中央区に住んでいた再開局当時のアパマンハム時代、ほんの少しの間、今と違って国内QSOもやっていた頃に国内局は勿論ですがDX局に対しても律儀に「JR4PUR/1」というコールサインを使用した事が原因だと思っています。
当時(2007年頃)T77Cは17mのCWで非常にアクティブに運用していて、毎晩のように聞こえていた記憶があり、アパマンハムでも簡単に交信出来ましたが、何せ使用したコールサインが「JR4PUR/1」だったので、LoTW上で上手くマッチングすることが出来なかったのです。(私のデータ処理の問題かも…)
今般、去年のこの時期に約15年ぶりに17mのCWで繋がった交信がLoTWにUPされた訳です。

何れにせよ、私のようにDXCCのエンティティー集めだけでアマチュア無線を遊ぶのであれば、他のエリアで運用していても自分のコールサインに余計なモノは付けない方が良いと思います。
あ、1エリアでポータブル1を付けずに運用していたら、移動運用にはポータブル○○を付けないと気が済まないと思われるポータブル原理主義者(?)にTwitter上で嘲笑された経験があります。(大笑い)
また、特定の分野では日本人と同じような国民性だと思っていますドイツの局からは、QTHを何度も尋ねられた事もありました。

T77C - San Marino(サンマリノ共和国)をLoTWでCFM
2023.07.03 22:55 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
SX9V - Crete(クレタ島)をLoTWでCFM
2023.05.30
一昨日、WPX CWで交信出来ました、SX9V - Crete(クレタ島)が早くもLoTWでCFM出来ました。やはり、コンテスターの方々はLoTWへの反映が早いですね。
これで、CW DXCCのCFM数は207になりました。地道にのんびりと集めていきましょう。

SX9V - Crete(クレタ島)をLoTWでCFM
2023.05.30 20:02 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
3Y0J - Bouvet Island(ブーベ島)をLoTWでCFM
2023.03.19
ここ最近、別な趣味(?)に没頭していてアクテビティが思いっきり落ちていますね。クラスタも見ていないしリグの電源も入れていません。

さて、今日、久しぶりにLoTWをチェックすると先月交信した3Y0J - Bouvet Island(ブーベ島)がLoTWでCFM出来ていました。これで、CW DXCCのCFM数は206になります。
M0OXOのOQRSからダイレクト料金の15ドル(!)とドーネーション5ドルを支払った結果です。紙QSLカードの到着も楽しみですね。

交信したのは2/12(日)の夜なので、その時間はシラフのはずがなく結構酔っぱらっていました。今までとは全然違ってコールバックがはっきり聞こえたのと、UP 2でQSOした事は覚えていますが、その前後の記憶がおぼろげです。

・何気にQSO Detailを見ると受信周波数(Receive Frequency)もデータにあり、間違いなくUP 2で拾っていましたね。
2023.03.19 20:36 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -