FT-1000MP Mark-Vが故障しました…
2020.11.18
FT-1000MP Mark-Vが故障しました。送信は出来ますが、全BANDで著しく受信感度が低下して使い物になりません。このRigは2007年(たぶん)に秋葉原の山本無線で棚ズレ品を購入したので、製造から間違いなく13年以上は経っていると思われます。(不具合が出てきても仕方のない年数だという認識です)
Googleをこき使って原因と対応策を調べたところ、私のスキルでは如何にもできないと判断しました。(専用電源FP-29の故障みたく、モジュールを購入して直るというわけにはいかないようです)
メーカー以外で修理可能なラボもあるようですが、新しいRigを購入すべきか色々と思案しています。何れにせよ、しばらくはQRT状態が続きそうですね。

思えば、太陽黒点数が上がってくる時期になると、アクティビティが下がるようなアクシデントに見舞われるような気がします。
前回のサイクル(アパマン時代)はMDRFに使用していたグラスファイバーロッドが積雪で折れてから、ずっと放置していて、引っ越しする2016年までQRTしていました。
28MHz界隈でEUがガンガン入感する体験は、1980年以来ご無沙汰なので、今回は是が非でも何とかしてやろうと思っていますよ。
2020.11.18 23:17 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (4)
YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - まとめ
2020.11.08
今年の春先に壊れてしまった、FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の修理に関して、色々と書き散らかしているのをまとめておきます。
要は、FP-29の中を空にして以下の二種類の電源(モジュール)を組み込みました。

・DC30V 15A(送信用)
購入先:株式会社ニプロン
URL:https://www.nipron.co.jp/
電源モジュール:OZP-350-30-TSE
カバー:3178-01-3-207
シャーシ:3178-01-3-208

・DC13.8V 3A(受信用)
購入先:アマゾン
メーカー:第一電波工業
品名:ダイヤモンド スイッチングモード直流安定化電源5A DSP500

上記の二つの電源は、空にしたFP-29に余裕で収まります。(特に固定していません)
一番心配していました、スイッチング電源のノイズですが全く気になりません。(以前のFP-29と変わらないと思います)

YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - その1
YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - その2
YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - その3
YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - その4

・手前がニプロンのDC30V 15A、奥がダイヤモンドのスイッチング電源DC13.8V 3A
YAESU FT-1000MP Mark-Vの専用電源FP-29の故障対応 - まとめ
2020.11.08 11:08 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
ツェップアンテナのエレメント長と地上高を改善
2020.11.01
9/13に上げた梯子フィーダーでエレメントの端から給電した本物(?)のツェップアンテナですが、本日、台風で折れたグラスファイバーポールを水道用ホースのクランプで補修して復活させて地上高を12mHにし、エレメントの長さを15.6mに変更しました。

15.6mにした理由は、アパマンハムでお馴染みの釣り竿+ATUを使用したアンテナにおいては魔法の長さ(?)7.8mを根拠にしています。そう、エレメント長を7.8mにすると全BANDで容易にSWRを下げる事が出来るとの情報を元に決めました。つまり、二倍の15.6mであれば10MHzはほぼフルサイズのダイポールアンテナの長さになり、エレメント長が10mでは7MHzでの送信が不安定だったのが改善するかもしれないと思ったからです。
7MHzで送信すると、ATUが再チューニングに入り、リレーがカチカチ鳴り動作が不安定になっていました。7MHzでは、エレメント長が10mの場合、ラダーラインの長さ10mで丁度20mになり、いわゆる電圧の腹がATUに当たって不安定になっていたと認識しています。
奇しくも、この15.6mや7.8mというエレメントの長さは、G5RV(ハーフサイズのG5RV)のエレメントの長さと一致するのです。不思議ですね…。(誰かのブログで同じような内容の記事を読んだことがあります)

結果は、7MHzがまともに送信出来るようになりました。その代わり今度は28MHzの送信が不安定になりましたが、新しいサイクルの立ち上がりのこの時期、28MHzはまだまだ使い物にならないので、しばらくはこのままでいいでしょう。ハイバンドが賑やかになったら、別途7.8mのエレメントを垂直に架設してやろうかと思っています。

スマホのカメラの調子が悪くて、画像を上げれないのが残念ですね…。
2020.11.01 16:03 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
End Fed Zepp Antennaはシェップアンテナ?ツェップアンテナ?(しぇっぷあんてな?つぇっぷあんてな?)
2020.09.20
どうやら私は、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)を「しぇっぺりん」と見間違えて、うん十年の間「れっど・しぇっぺりん」だと思い込んでいたようですね。当然、ツェップアンテナも「しぇっぷあんてな(しぇっぺりんあんてな)」だと思っていました。
ツェップアンテナを上げた後、「シェップアンテナ(しぇっぷあんてな)」で、いわゆるエゴサーチをしたところ、どうもおかしい…。色々と調べた結果、「つぇっぷ」を「しぇっぷ」と勘違いしていたみたいです。
もともとドイツ語の発音をカタカナで表記しただけなので、本場の"Zepp"は日本人の耳にどう聞こえるのか知りませんが、他にも勘違いしている事があるかもしれませんね。

因みに、シェップアンテナ「しぇっぷあんてな」で検索すると、思いっきりヒットするサイトがありますね…。(苦笑い)
2020.09.20 11:43 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
ツェップアンテナを上げました
2020.09.13
本日、先日の台風で折れたグラスファイバーポールを一旦撤去して、取り急ぎ、我が家の頑丈なアンカー(電柱ともいいます)を利用して、エレメントの端から梯子フィーダーで給電した全長10mの、いわゆるツェッペリンアンテナ(End Fed Zepp Antenna)を架設しました。(地上高は約7mHくらい)
要するに14MHzのフルサイズのダイポールアンテナを端っこからラダーラインで給電しただけなので、ただのダイポールアンテナなのですが、ATUを使用して他のBANDにもQRV出来ます。
やはり、エレメントを水平にするとノイズが少なく聞きやすいですね。今まで垂直ダイポールではノイズに埋もれていた信号が聞こえるようになった感じがします。

グラスファイバーポールは先端の1mが折れていただけなので、釣り竿を継ぎ足して地上高14mは確保出来そうですね。これを利用して次回は梯子フィーダーで端から給電する10MHzのダイポールアンテナを上げる予定です。

ツェップアンテナを上げましたを上げました
2020.09.13 19:05 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
台風被害…グラスファイバーポールが折れた件
2020.09.07
今回の台風10号は広島は直撃ではなく、強風域がかすめた程度だったのですが、吹き返しの風が結構強かったみたいで、今朝、仕事に行く前は無事だったアンテナが夕方戻った時にはグラスファイバーポールが10mくらいのところでポキっと折れていました。
前回のようにクランプで折れた部分をジョイントして修復出来ればいいのですが…何れにせよ、早朝の10MHzが楽しいので、10MHzのフルサイズのダイポールアンテナに変更しようかと考えています。勿論、梯子フィーダーで給電しますので1.8MHz~28MHzまでの全BANDにQRV出来ます。

台風被害…グラスファイバーポールが折れた件
2020.09.07 20:08 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -